2020年1月 2日 (木)

【車】ロッキー雑感(12/8)

 あ~っ、先月アタマに書いた駄文が未掲載だった~!?

 ということで、あけましておめでとうございます。

 何時更新されるか分からない過疎ブログですが、今年もよろしくお願いいたします。

 さて、以下12/8掲載予定だったエントリです。

 

【車】ロッキー雑感(12/8)


 11/5、ダイハツから新型の小型SUVが発売になりました。
 その名も『ROCKY(ロッキー)』、遂に二代目が出ました。

 うちの平成7年式のロッキー参号機は、『前の』『古い』『昔の』『初代』になり果てたのでございます。
 よく、あの不人気車の代名詞『ロッキー』を付けたな~勇気あるよな~と思っていたのです。

 だぁがしかし、今日付け(2019-12-08)の日刊自動車新聞電子版によれば、

『トヨタ自動車とダイハツ工業は、先月5日に発売した小型SUV「ライズ/ロッキー」の1カ月受注台数を明らかにした。
4日時点でトヨタは約3万2千台、ダイハツは約1万500台、』

 両社の販売計画台数を大幅に上回る大人気、不人気車の代名詞たる初代とは格が違うようです。
 既にトヨタOEM分だけで、初代の総生産台数(12674台)を更新してダブルスコア以上(爆)。
 ダイハツ分の本家『ROCKY』も2ヶ月で初代を確実に超えるでしょう。

 うちの『古いロッキー』の車検見積もりで、11月に勝田のダイハツに行った際に、展示車両を実見してきました。
 何も言わなくても、パンフレットくれました(爆)。
 さすがに、『並べて写真撮らしてくれ』とは言いませんでしたが(笑)。

 いいですね。
 良い車だと思います。今風の。
 展示車はFFバージョンだったので、試乗はしませんでした。
 4駆バージョンは、状況に応じて前・後輪のトルク配分が電子制御されるFFベースのAWD。
 センサを多用して安全装備てんこ盛りです。半自動運転的な機能も満載。
 エンジンは1000ccのインタークーラー付きターボで、ネットで98馬力。
 馬力はほぼ同じで、車重が約2/3の1tそこそこになっているので、キビキビ走ることでしょう。
 5ドアで後席も広くて、ラゲッジスペースもそこそこ大きく。
 車体はダイハツの新アーキティクチャ『DNGA』の第2弾、小型車へは初の適用。気合入ってます。
 
 だから、

 フレームがラダーじゃないとか、
 4駆2駆の切替ができない・定常状態でFRじゃないとか、
 3ドアじゃないとか、
 マニュアルじゃないとか、
 車がいちいち煩いとか、
 エンジンが直置きじゃないとか、
 リーフリジットじゃないとか、
 屋根が取れない・オープンカーにならない(ぉぃ)とか、
 いちいちアナクロな文句を言ってはいけないのです(涙)。

 ああ、そう来るよね今時の車なら、そうそう、でも、そうじゃない、そうじゃないんだ欲しい車は。
 だからこそ売れてるんでしょう(大泣)。

 ま、でも、売れているのはめでたいことです。
 ネットで旧型の情報が埋没して見つけられなくなるし(泣)。
 既にネットの中古車検索のタマは新型ロッキーが旧型ロッキーの30倍近く出ています。(つか旧型は現在1台)

 12/1に車検があがり、タイヤも新品にしたし、さあ乗るぞ~旧型ロッキーと思ったら、一昨日からエンジンがぐずりだし。
 昨日(12/7)には入院とあいなりました。
 これからどうなるわがロッキー。
 急遽貸してくれた代車はハイゼットカーゴ。ウチに軽のワンボックスが2台。
 これが安全装備付きでいろいろびっくり。車線逸脱警報まで付いてる。
 新型はこれがもっといろいろ付いているんだろーなー。