書籍・雑誌

2019年8月18日 (日)

【読書】ここんとこの読書&新刊本購入(2019年8月)

【読書】ここんとこの読書&新刊本購入(2019年8月)

 って、またまた1年ぶりのネタ無し読書ログ。
 つ~か、その間に何を買ったかなんて、とっくに忘れたぁ。
 ブログの書き方もいっしょに忘れたぁ。(またかよ)
 そんなこんなで、またまた仕切りなおすしか無いんですが、
 あいも変わらず買ってるのホントにラノベばっかりでして。
 読み進められるのは軽いものばっかしでして。
 しかも、買いテンションに比べて読みテンションが低いものだから…
 さらには、軽いものしか読めないので既読書を読み返しするものだから…
 結果、新刊がどんどん溜まる溜まる。
 それに加え、止めりゃいいのにそちこちつまみ読みするものだから…
 結果、読書進行中のもまたまた増える増える。
 更に更にどつぼっております。ラノベは塚になっております。
 まぁ通勤方法が変わって、毎日本屋に寄れる状況じゃなくなったのがせめてもの救い。(それは救いなのか?)
 では、いってみよ~か~(さらにさらに弱弱しく)

『新刊購入本』
★小説
● 傷痕              : 桜庭一樹さん
● GOSICK RED (文庫本化再購入)  : 桜庭一樹さん
 読めてません。重いもの読めません。もうだめ。

★ラノベ
 忘れちゃったんで昨年と重複あるかも(ぉぃ)。
● 無属性魔法の救世主5・6    : 武藤健太さん
● 第六皇女殿下は黒騎士様の花嫁様2: 翠川 稜さん
● 異世界エルフの奴隷ちゃん2   : 柑橘ゆすらさん
● スーパーカブ4         : トネ・コーケンさん
● ワンワン物語~金持ちの犬にしてとは言ったが、フェンリルにしろとは言ってねえ!~4・5: 犬魔人さん
● 鑑定使いの冒険者4       : 空野 進さん
● ゴスロリ卓球1・2       : 蒼山サグさん
● 十歳の最強魔導士5・6     : 天乃聖樹さん
● 転生少女の履歴書7       : 唐澤和希さん
● アラフォー社畜のゴーレムマスター4~6: 高見梁川さん
● 劣等眼の転生魔術師1~3    : 柑橘ゆすらさん
● 先日助けていただいたNPCです~年上な奴隷エルフの恩返し~: 秀章さん
● クール・エール1        : 砂押 司さん 
● 俺もおまえもちょろすぎないか3 : 保住 圭さん
● 剣と魔法とセーラー服~ときどき女神にアイアンクロー~: 三条ツバメさん
● 理系な彼女の誘惑がポンコツかわいい: 長田信織
● 歴史オタクの俺が異世界で皇帝のバイトに採用されました: 舞阪 洸さん
● 最強騎士団長の世直し旅1    : 佐竹アキノリさん
● 女大好き、クズ王子~転生魔王のハーレム英雄譚~1: 葉月さん
● リベリオ・マキナ―《白檀式》水無月の再起動―: ミサキナギさん
● 社畜勇者、仕事辞めるってよ1  : 岸本和葉さん
● 君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主: 大澤めぐみさん
● そのエルフさんは世界樹に呪われています。: ぷぺんぱぷさん
● 全肯定奴隷少女:1回10分1000リン: 佐藤真登さん
● 壊れた美少女たちと≪変質者≫の人知を超えた日常1: 猫村あきらさん
● ご落胤王子は異世界を楽しむと決めた!2: るうさん
● ちょっぴりエッチで変態なお姫さまは好きですか?1: お魚1号さん
● 私を自分のものにした責任とってよね1・2: 火海坂 猫さん
● 理想の彼女と不健全なつきあい方 : 瑞智士記さん
● 百竜殺しと武器屋の幼女     : 秋月煌介さん
● オタビッチ綾崎さんは好きって言いたい: 戸塚陸さん
● 32歳、≪ルールブック≫片手に異世界救世紀行: 津田夕也さん
● 侵略性外来種『勇者』      : 殻半ひよこさん
● カワイイ天狼の育て方      : 山下泰昌さん
● きれいな黒髪の高階さん(無職)と付き合うことになった: 森田季節さん
● 浮浪の不老者          : ポリ外丸さん
● 異世界道楽に飽きたら1     : 三文烏札矢さん
● Sランクの女冒険者が俺の奴隷になりました2: 村人Zさん
● 転生者の私に挑んでくる無謀で有望な少女の話3: 小東のらさん
● 【騎乗スキル】で美少女とヤリたい放題するだけで、最強騎士生活: 草薙アキさん
● 同棲から始まるオタク彼女の作りかた: 村上凛さん
● 伝説の救世主の保護者      : 空埜一樹さん
● 異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する: 美紅さん
● JK案件推進中!!        : 藤宮カズキさん
● 継母の連れ子が元カノだった   : 紙城境介さん
● 勇者よ、たのむからオレでなく魔王様に惚れてくれ!: 一日千次さん
● おまえ本当に俺のカノジョなの? : 落合祐輔さん
● 誰が喚んだの!?         : 木緒なち&KOMEさん
● やりすぎた魔神殲滅者の七大罪遊戯1: 上栖綴人さん
● 姫ゴトノ色 -The Eyes of Blood- : 界達かたるさん
● ひげを剃るそして女子高生を拾う : しめさばさん
● 飛べない鴉と切れない糸     : 雪崎ハルカさん
● 幼馴染の山吹さん2       : 道草よもぎさん
● 齢5000年の草食ドラゴンいわれなき邪竜認定1・2: 榎本快晴さん
● 最果ての魔法使い        : 岩柄イズカさん

 ……ざっと数えただけで軽く50冊超えてました(汗)。
 ま、まぁ、去年の「軽く100冊超えてました」よかいいよねっ(大汗)。
 やっぱ、タイトルが長いので入力疲れる。
 今年も買った記憶の無い本が数冊(ぉぃぉぃぉぃ)。
 未だビニール包装のままのも去年同様たくさん有りまして、パケ買い・タイトル買いの衝動買いが引き続き(滝汗)。
 一度買ったタイトルを、手もつけていないのに続巻を捕獲しているなんてのも…。
 まぁまぁ、まぁまぁ、全体の感想は後から書くとして、次いってみよ~次。

★漫画ーなし
 漫画離れが進んでるのかなぁ。無しでした。


『古書入手本』

★小説ーなし
 古書店に行っていないせいですね。(ぉぃ)

★ラノベーなし
 古書店に行っていないせいですね。(ぉぃぉぃ)
 
★漫画
 古書店に行っていないせいですね。(ぉぃぉぃぉぃ)

 まぁ、あそこはとても危険なので近づかないように近づかないように…

『読了本』

★小説
● いまさら翼といわれても          : 米澤穂信さん

★ラノベ
● 異世界エルフの奴隷ちゃん2  : 柑橘ゆすらさん
● スーパーカブ3~4      : トネ・コーケンさん
● ワンワン物語~金持ちの犬にしてとは言ったが、フェンリルにしろとは言ってねえ!~4: 犬魔人さん
● 第六皇女殿下は黒騎士様の花嫁様2: 翠川 稜さん
● アラフォー社畜のゴーレムマスター4~5: 高見梁川さん
● 齢5000年の草食ドラゴンいわれなき邪竜認定1 : 榎本快晴さん

 ラノベの読了率連続20%以下…。ずっと読書テンション低いっても、程があるだろう。
 あいかわらずシリーズ物に偏っていますねぇ。
 そのシリーズものも、最新刊まで届いていないのがちらほら。
 あとは、既読本の読み返しの頻度が増しているのが拙いですねぇ。


『読書中』

★小説
● なし

★ラノベ
● 転生少女の履歴書4      : 唐澤和希さん
● 無属性魔法の救世主4     : 武藤健太さん
● 異世界チート魔術師5     : 内田 健さん
● 天使の3P×4        : 蒼山サグさん
● 渋谷のロリはだいたいトモダチ1: あまさきみりとさん
● ショートストーリーズ 僕と君の15センチ: 井上堅二さんほか
● お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか: はむばねさん
● 俺たちは異世界に行ったらまず真っ先に物理法則を確認する1: 藍月 要さん
● 恋愛至上都市の双騎士1    : 藤宮 夕さん
● 神アプリ曰く私たち相思相愛らしいですよ?: 真野真央さん
● オタギャルの相原さんは誰にでも優しい: 葉村 哲さん
● 青春失格男と、ビタースイートキャット。: 長友一馬さん
● 俺もおまえもちょろすぎないか1: 保住 圭さん
● ステータス・オール∞     : 八又ナガトさん
● 俺の異世界姉妹が自重しない!1: 緋色の雨さん
● モテなさすぎた俺は、とうとう人形に手を出した: 手水鉢直樹さん
● いずれ最強へと至る道1    : 藍澤 建さん
● 俺の立ち位置はココじゃない! : 宇津田晴さん
● ※妹を攻略するのも大切なお仕事です。: 弥生志郎さん
● 今日から俺はロリのヒモ!1  : 暁雪さん
● 欠けゆく都市の機械月姫    : 永菜葉一さん
● エロマンガ先生1         : 伏見つかささん
● 無属性魔法の救世主5     : 武藤健太さん
● ワンワン物語~金持ちの犬にしてとは言ったが、フェンリルにしろとは言ってねえ!~5: 犬魔人さん
● 鑑定使いの冒険者4       : 空野 進さん
● アラフォー社畜のゴーレムマスター6: 高見梁川さん
● 劣等眼の転生魔術師1    : 柑橘ゆすらさん
● 剣と魔法とセーラー服~ときどき女神にアイアンクロー~: 三条ツバメさん
● 歴史オタクの俺が異世界で皇帝のバイトに採用されました: 舞阪 洸さん
● 【騎乗スキル】で美少女とヤリたい放題するだけで、最強騎士生活: 草薙アキさん
● 齢5000年の草食ドラゴンいわれなき邪竜認定2: 榎本快晴さん

 去年から引き続きもあり、どんだけ読みかけにしてるんだよってわけですが。
 つづきものでも止っちゃってるのが有るのは引き続きの大問題。
 結構気に入っているタイトルは、ここの段階をさっさと抜けていくはずなのですが、それも含めて、大量に滞留しています。
 去年からの引き続きには、本がどこ行っちゃったか分かんなくなったものもあったり(おい)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 つ~ことで、全体的に読書テンションの低い中、更に通勤方法が変って通勤途上で本を読めなくなり、読書キャパが低下した中、新刊購入テンションだけが高めで推移して、結果破綻しているという感じでしょうか。
 ただ、通勤方法の変更で、通勤経路に本屋が無くなったせいで新刊購入数は半減しました。
 併読はキャパを超えてしまい、最初から再読しないと筋がアタマに入ってない本が何冊か。
 生活全体が低空飛行で、本を買うことが娯楽になってきているのは拙いですね。
 本屋に寄る機会が無くなったので、本を買おうとして出掛けることが起き始めたのがその証拠。
 この状態で古書店は怖くて近寄れません。

 またも、破綻している現状を追認識するしか無いわけですが。
 そのうち、床抜けるんじゃないかなぁ…
 まぁ、読み終わった本を別の場所に移せよって話なわけですが。

 

 

2018年8月17日 (金)

【読書】ここんとこの読書&新刊本購入(2018年8月)

【読書】ここんとこの読書&新刊本購入(2018年8月)
 
 って、2年半ぶりのネタ無し読書ログ。
 つ~か、その間に何を買ったかなんて、とっくに忘れたぁ。
 ブログの書き方もいっしょに忘れたぁ(ぉぃ)。
 そんなこんなで、仕切りなおすしか無いんですが、
 買ってるのホントにラノベばっかりでして。
 読み進められるのは軽いものばっかしでして。
 しかも、買いテンションに比べて読みテンションが低いものだから…
 結果、新刊がどんどん溜まる溜まる。
 それに加え、止めりゃいいのにそちこちつまみ読みするものだから…
 結果、読書進行中のも増える増える。
 どつぼっております。ラノベは塚のようにになっております。
 では、いってみよ~か~(昔と同じように弱弱しく)
『新刊購入本』
★小説
● いまさら翼といわれても          : 米澤穂信さん
● GOSICK GREEN         : 桜庭一樹さん
 
 たった2冊でございます。ただこのお二人もここにきてとんと。
 やべえ、両方とも手も付けてねぇ。ごめんなさい。ごめんなさい。
 
 
★ラノベ
● 楽園への清く正しき道程3~4 : 野村美月さん
● 転生少女の履歴書2~6    : 唐澤和希さん
● 無属性魔法の救世主2~4   : 武藤健太さん
● 鑑定使いの冒険者1~3    : 空野 進さん
● 異世界チート魔術師5~8   : 内田 健さん
● 天使の3P×7~11     : 蒼山サグさん
● 竜峰の麓に僕らは住んでいます2: 寺原るるるさん
● ぼっち転生記1~6      : ファーストさん
● 第六皇女殿下は黒騎士様の花嫁様1: 翠川 稜さん
● それでも僕はモブキャラが好き : 氷高 悠さん
● おはよう、愚か者。おやすみ、ボクの世界: 松村涼哉さん
● 渋谷のロリはだいたいトモダチ1: あまさきみりとさん
● 異世界エルフの奴隷ちゃん   : 柑橘ゆすらさん
● 死神に育てられた少女は漆黒の剣を胸に抱く1: 彩峰舞人さん
● その最強、神の依頼で異世界へ1: 速峰 淳さん
● はじらいサキュバスがドヤ顔かわいい。: 旭 蓑雄さん
● 絵師殺しの戌亥さんとエロい絵に定評のある俺: 猫又ぬこさん
● ニートの少女(17)に時給650円でレベル上げさせているオンライン1~2: 瀬尾つかささん
● 異世界に来た僕は器用貧乏で素早さ頼りな旅をする: 紙風船さん
● ショートストーリーズ 僕と君の15センチ: 井上堅二さんほか
● お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか: はむばねさん
● スーパーカブ1~3      : トネ・コーケンさん
● Sランクの女冒険者が俺の奴隷になりました1: 村人Zさん
● 俺たちは異世界に行ったらまず真っ先に物理法則を確認する1~4: 藍月 要さん
● 恋愛至上都市の双騎士1~2  : 藤宮 夕さん
● 神アプリ曰く私たち相思相愛らしいですよ?: 真野真央さん
● 拝啓、最果ての勇者様へ    : 三萩せんやさん
● 異世界修学旅行DX      : 岡本タクヤさん
● 魔女軍師シズク        : 入月英一さん
● 西野             : ぶんころりさん
● 転生者の私に挑んでくる無謀で有望な少女の話1~2: 小東のらさん
● ワンワン物語~金持ちの犬にしてとは言ったが、フェンリルにしろとは言ってねえ!~1~3: 犬魔人さん
● 最強の魔狼は静かに暮らしたい : 伊瀬ネキセさん
● アラフォー社畜のゴーレムマスター1~3:高見梁川さん
● 三角の距離は限りないゼロ   : 岬 鷲宮さん
● 異世界JK町おこし      : くさかべかさくさん
● 勇者保険のご加入はブレイヴカンパニーへ!: 冬空こうじさん
● 15歳でも俺の嫁!交際0日結婚から始める書店戦争: 庵田定夏さん
● オタギャルの相原さんは誰にでも優しい: 葉村 哲さん
● 青春失格男と、ビタースイートキャット。: 長友一馬さん
● 異世界が地球を制圧して100年東京に帰ったらエルフの家族ができました。: 木村心一さん
● 魔術学院を首席で卒業した俺が冒険者を始めるのはそんなにおかしいだろうか: いかぽんさん
● 英雄の娘として生まれ変わった英雄は再び英雄を目指す: 鏑木ハルカさん
● 俺もおまえもちょろすぎないか1~2: 保住 圭さん
● 真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので辺境でスローライフすることにしました: ざっぽんさん
● 魔人の少女を救うもの     : 西乃リョウさん
● 教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?: さがら総さん
● 暗黒ハローワーク!      : 久慈マサムネさん
● お兄ちゃん……ここでなら、好きって言ってもいいんだよね?: ツカサさん
● 英雄覇道の狐巫女1      : 岩山 駆さん
● 魅了スキルでいきなり世界最強 : 北山結莉さん
● クロス・コネクト       : 久追遥希さん
● 十歳の最強魔導士1~4    : 天乃聖樹さん
● ステータス・オール∞     : 八又ナガトさん
● ゼロの戦術師         : 紺野天龍さん
● 俺の異世界姉妹が自重しない!1~3: 緋色の雨さん
● モテなさすぎた俺は、とうとう人形に手を出した: 手水鉢直樹さん
● いずれ最強へと至る道1    : 藍澤 建さん
● 俺の立ち位置はココじゃない! : 宇津田晴さん
● ※妹を攻略するのも大切なお仕事です。: 弥生志郎さん
● 今日から俺はロリのヒモ!1~2: 暁雪さん
● 小さな魔女と野良犬騎士1~3 : 麻倉英理也さん
● 聖女の回復魔法がどう見ても俺の劣化版な件について1: きなこ軍曹さん
● せんせーのおよめさんになりたいおんなのこはみ~んな16さいだよっ?: さくらいたろうさん
● ユケ、鉄路 夜行急行『北星』北東北突破戦: 早狩武志さん
● はぐれ魔導士の無限英雄方程式1~2: 原雷火さん
● マメシバ頼りの魔獣使役者ライフ: 島村居子さん
● 勇者のお師匠様にかかれば、異世界の魔王たちも幸せにできます!: 立座翔大さん
● 誰が為にケモノは生きたいといった: 榊一郎さん
● 聖王国の笑わないヒロイン   : 青生 恵さん
● 欠けゆく都市の機械月姫    : 永菜葉一さん
● 人類は衰退しました 未確認生物スペシャル: 田中ロミオさん
● 今日が最後の人類だとしても  : 庵田定夏さん
● 魔法使いと僕1        : 十文字青さん
● 造られしイノチとキレイなセカイ: 緋月 薙さん
● 八十八を三に割る        :友野 詳さん
● 妹が泣いてるんで帰ります。  :田尾典丈さん
 
 ……ざっと数えただけで軽く100冊超えてました(大汗)。
 入力疲れた。なんでこう、長いタイトルが多いんだラノベってのは。
 しかし、まぁずいぞぉ 数冊だが買った記憶の無い本が有る(ぉぃ)。
 未だビニール包装さえ破っていないなんてのもたくさん有りまして、パッケージ買い・タイトル買いの衝動買いが幅をきかせてます(汗)。
 あとは、一度買ったタイトルは、読み終わってもいないどころか、最悪は手もつけていないのに続巻を捕獲しているなんてのも…。
 まぁまぁ、全体の感想は後から書くとして、次いってみよ~次。
 
 
★漫画
● ファイブスター物語14    : 永野 護さん
● あっちこっち7        : 異識さん
 こちらは、「どうしても」を2冊のみ。1冊目は、まぁ今回はまだ、間が空かないで良かったね~というか、よくおいらも付き合ってるね~というか、こんな奴が居るから、がるぱんなんか「2話は1年半後で~す」みたいに、真似する奴がて来るんじゃないだろうか?
(がるぱんは時期を切っているだけまだましだが)
 余談だが、どっちが先に墓場に行くかみたいな作品は増えて欲しく無いんだがなぁ。こっちも、だんだん老い先短くなって来てんだし。
 
 
『古書入手本』
 
★小説ーなし
 それだけ軽いのしか読めない状態なんでしょう。一冊も無しでした。
 
★ラノベ
● 異世界召喚は二度目です    : 岸本和葉さん
● 鑑定能力で調合師になります  : 空野 進さん
● ささみさんがんばらない1~6 : 日日日さん
● レベル99冒険者によるはじめての領地経営: 藤崎さん
● ビブリア古書堂の事件手帳1~5: 三上 延さん
● 這いよれ!ニャル子さん1~4 : 逢空万太さん
● エロマンガ先生1~5       : 伏見つかささん
 
 100円棚かそれ以下からのサルベージ。
 古書店自体ほとんど行っていないので、こんなもので済んでいます。
 毛色としては、シリーズ物の初刊の味見目的か、有名どころ。
 
★漫画
● 蒼き鋼のアルペジオ1~12  : Ark Performanceさん
 
 アニメとちゃうらしいので、100円棚から興味本位で。つうか、これまでの本みんな、興味本位なんですが。やべ~、漫画なのに未だ始めの方も読み切れていない。
 
『読了本』
 
★小説
● なし
 
★ラノベ
● 楽園への清く正しき道程3~4 : 野村美月さん
● 転生少女の履歴書2~3    : 唐澤和希さん
● 無属性魔法の救世主2~3   : 武藤健太さん
● 竜峰の麓に僕らは住んでいます2: 寺原るるるさん
● 鑑定使いの冒険者1~3    : 空野 進さん
● ぼっち転生記1~6      : ファーストさん
● 異世界エルフの奴隷ちゃん   : 柑橘ゆすらさん
● スーパーカブ1~2      : トネ・コーケンさん
● ワンワン物語~金持ちの犬にしてとは言ったが、フェンリルにしろとは言ってねえ!~1~3: 犬魔人さん
● 最強の魔狼は静かに暮らしたい : 伊瀬ネキセさん
● アラフォー社畜のゴーレムマスター1~3:高見梁川さん
 
★漫画
● ファイブスター物語14    : 永野 護さん
● あっちこっち7        : 異識さん
● 蒼き鋼のアルペジオ1~2   : Ark Performanceさん
 
 ラノベの読了率20%以下…。最近読書テンションが低いつ~ても、程があるだろうという感じです。シリーズ物に偏っているのも特徴ですねぇ。
 あとは、新刊が積んであるのに、頭に優しいからといって、既読本の読み返しをやるのがいかんのだよな。
 
『読書中』
 
★小説
● なし
 
★ラノベ
● 転生少女の履歴書4      : 唐澤和希さん
● 無属性魔法の救世主4     : 武藤健太さん
● 異世界チート魔術師5     : 内田 健さん
● 天使の3P×4        : 蒼山サグさん
● 第六皇女殿下は黒騎士様の花嫁様1: 翠川 稜さん
● 渋谷のロリはだいたいトモダチ1: あまさきみりとさん
● ニートの少女(17)に時給650円でレベル上げさせているオンライン1: 瀬尾つかささん
● ショートストーリーズ 僕と君の15センチ: 井上堅二さんほか
● お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか: はむばねさん
● スーパーカブ3        : トネ・コーケンさん
● 俺たちは異世界に行ったらまず真っ先に物理法則を確認する1: 藍月 要さん
● 恋愛至上都市の双騎士1    : 藤宮 夕さん
● 神アプリ曰く私たち相思相愛らしいですよ?: 真野真央さん
● オタギャルの相原さんは誰にでも優しい: 葉村 哲さん
● 青春失格男と、ビタースイートキャット。: 長友一馬さん
● 俺もおまえもちょろすぎないか1: 保住 圭さん
● ステータス・オール∞     : 八又ナガトさん
● 俺の異世界姉妹が自重しない!1: 緋色の雨さん
● モテなさすぎた俺は、とうとう人形に手を出した: 手水鉢直樹さん
● いずれ最強へと至る道1    : 藍澤 建さん
● 俺の立ち位置はココじゃない! : 宇津田晴さん
● ※妹を攻略するのも大切なお仕事です。: 弥生志郎さん
● 今日から俺はロリのヒモ!1  : 暁雪さん
● 欠けゆく都市の機械月姫    : 永菜葉一さん
● エロマンガ先生1         : 伏見つかささん
 
 なんぼ読みかけにしてるんだよってーわけですが。
 つづきものでも止っちゃってるのが有るのは大問題。
 結構気に入っているタイトルは、ここの段階をさっさと抜けていくはずなのですが、それも含めて、大分滞留しています。
 ここからも落ちちゃうタイトルが出てるのは大問題だよなぁ。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 つ~ことで、約2年半、全体的にテンションの低い中、新刊購入テンションだけが高めで推移して、結果破綻しているという感じでしょうか。
 併読もここまで来るとええかげんにせいというか、なんというか。
 生活全体が低空飛行で、通勤時に気軽に寄れる本屋が1ヶ所だけというのも効いてますね。
 暇つぶしに買ってしまっているという更なる悪循環を呼んでいます。
 本を買おうとして出掛ける気力は余りないので、古書店での購入が激減していることで、ある面助けられていますが、支出的にはそうも言えませんね。
 
 とりあえず、現状を把握しておかないと、破綻しているのがさらに破綻すると思って、久しぶりに書き始めた読書ログですが、破綻を破綻と認識しただけに終わりました。
 なんか良い手は、というと「新刊買わない」なわけですが、それもなかなかなぁ。その時は「読みたい」と思うわけで。
 「読みたい」欲求と「読める」能力がバランスしてないのが大問題なんだな。
 …そして新刊は更に積みあがる。
 
 でも、まぁ新刊買いにしても、なかなか読書が進まないにしても、本に救われているのは事実でして。
 やむを得ず、電子書籍(漫画だけれども)に手を出してみたけれど、あれはやっぱり本じゃぁないなー紙とディスプレイってやっぱり異質だと思うのだよな。
 ディスプレイに向かってブログ書いてて言うのもなんなんだけどさぁ。
 紙の本での購入は未だ続くと思うので、本塚はもうどうにもならないのかなぁ(泣)。
 いや、諦めてどうするよってハナシなんですが。 

2016年4月 2日 (土)

【読書】ここんとこの読書&新刊購入本(2016年3月)

 
 ひきつづき、ネタ無しの読書ログ。
 読書テンションもひきつづき低めなるも、読み易い本ばかり読んで数はそれなり。
 湊線の旧型気動車での読書はほぼ完全に無理な状況になってしまいました。
 では、いってみよ~か~(またも弱々しく)。
 
 
『新刊購入本』
 
 
★小説
 
 ● このたびはとんだことで 桜庭一樹譚集  : 桜庭一樹さん
 
  桜庭さんの新刊なので先ずは順等に購入。  
  あまり、小説棚を徘徊する気力が無かったので、1冊のみ
 
 
★ラノベ
 
 ● 三つの塔の物語             : 赤雪トナさん
 
 ● 剣と魔法の世界ですが、
   俺の機械兵器は今日も無敵です。1・2  : ツガワトモタカさん
 
  ラノベの方は3冊、赤雪トナさんの新刊と、低い読書テンションでも読めそうな
  緩そうなタイトル(失礼だなぁ)と帯と表紙とあらすじで当たって1・2巻まとめ買い。
 
 
★漫画
 
 ● なし 
 
  1冊も無しでした。漫画棚を哨戒する気力と時間が無い感じです。
 
 
 
『古書購入分』
 
 
★ラノベ
 
 
 ● 俺、ツインテールになります。1~5   : 水沢夢さん
 
 ● エロマンガ先生1~5          : 伏見つかささん
 
  久々に古書店を覗いたら話題作のお試しセットがそこそこお得価格で出ていたので。つい。
  お得価格とはいえ読まないと無駄になるんだけど、読み始めるんだろうか?
 
 
★ 漫画
 
 
 ● あっちこっち6             : 異識さん 
 
  やはり古書店で動線上の漫画棚を横目で見たら出ていたので、即ゲット。
 
 
 
『読了本』
 
 
★ 小説
 
● なし 
 
  購入本でも桜庭さんの新刊が有ったのですが、精神的に緩いものしか読めない
  感じで手がつかず、今月は、小説の読了は一冊も無しでした。
  好きな作家さんの新刊に手が付かないのはちょっと重症な感じです。
 
 
★ ラノベ
 
 ● 楽園への清く正しき道程0・1      : 野村美月さん
 
 ● 魔力の使えない魔術師1・2       : 高梨ひかるさん
 
 ● 転生少女の履歴書1           : 唐澤和希さん
 
 ● 竜峰の麓に僕らは住んでいます1     : 寺原るるるさん
 
 ● 剣と魔法の世界ですが、
   俺の機械兵器は今日も無敵です。1・2  : ツガワトモタカさん
 
 ● チートな魔王の道具屋は、今日も
   JKJC(バイト)が働かない!?1   : 澄守彩さん
 
  野村さんの楽園への~は楽しく読ませていただきました。次巻が楽しみです。
  他の6冊も面白かったです。それぞれ次巻が楽しみです。
  9冊と4日に1冊くらいのペースで、読了数的には良いペースでした。
  ただ「軽いもの」限定なのは、やはり本調子じゃないのでしょうね。
 
 
 
『読書中』
 
★ 小説
 
 ● 春追町には、ひまりさんがいる
     はじまりの春は犬を連れた人妻と   : 野村美月さん
 
 ● 探偵花咲太郎は閃かない         : 入間人間さん
 
 ● 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない      : 桜庭一樹さん
 
 ● ばらばら死体の夜            : 桜庭一樹さん
 
 
  小説はほとんど手が付かず、全部滞留物件、
  読み返さないと筋が分らなくなっているかも。
  「春追町~」がちょっとだけ進んだ感じで、あとは完全滞留ですね。
 
 
 
★ ラノベ
 
 ● SとSの不埒な同盟           : 野村美月さん
 
 ● “若紫”ヒカルが地球にいたころ……③  : 野村美月さん
 
 ● ドレスな僕がやんごとなき方々の
             家庭教師様な件3  : 野村美月さん
 
 ● 吸血鬼になった君は永遠の愛をはじめる① : 野村美月さん
 
 ● 天使の3P×3             : 蒼山サグさん
 
 ● ロウきゅーぶ!15           : 蒼山サグさん
 
 ● とある飛空士への誓約1         : 犬村小六さん
 
 ● 廃駅の天使               : マサト真希さん
 
 ● 宇宙人の村へようこそ          : 松屋大好さん
 
 ● 無属性魔法の救世主1          : 武藤健太さん
 
 
  昨月までと同様に滞ってます。ちょっと多すぎるので、
  やはり、片端から片付けて、新本を入れないようにするか、
  長期滞留物件は、シリーズ物を棚上げにしようか迷っています。
  滞留物件を新規購入本が抜けていっている状況が続いています。
 
 
 
 
  -----------------------
 
【まとめ】
 
 買った本と読んだ本の数が逆転して、いくらか健全にはなりましたが、
 引き続き読書テンションは低め。軟らかいもの軽いものばかり読んでいます。
 本調子には未だ程遠いですね。
 でも。ま。今月も本に救われているので、また全部ヨシとしちゃいます。
 
 

2016年2月26日 (金)

【読書】ここんとこの読書&新刊購入本(2016年2月)

 もうやらないんじゃないかというぐらい久しぶりになってしまいました。
 12月くらいから書いてたんですけど、ずるずる2月になっちゃいました。
 またまたも、ネタ無しの読書ログ。
 ひきつづき読書テンションは低め。
 つか、読書ログ自体、昨年9月から半年ぶりと、表現意欲も低レベル。
 なんだか眠くて、通勤バスでも帰宅してからも寝てばかり……
 最近は若干鉄意欲が回復して、帰宅の途中、湊線で旧型が運用に入っていると湊線乗り鉄・呑み鉄に走ってしまうというありさま。
 ま、それも年明けからは新型車両の投入で出来なくなってしまいましたが。
 さらに、食欲も強くなって、帰宅の途中、勝田のラーメン屋に寄る事が多くなり… 
 勢い、読書タイムである、川又書店のスタバに行く機会も減って…
 おかげで、読書時間が減る減る。未読本が溜まる溜まる……
 まぁ、中には湊線の旧型気動車で読み鉄三昧なんてのも有ったんですが、湊線は新型気動車の投入でこれから先、そういう機会が頻繁に有るかどうか…
 では、いってみよ~か~(弱々しく)。
『新刊購入本』
★小説
 ● 春追町には、ひまわりさんがいる
     はじまりの春は犬を連れた人妻と   : 野村美月さん
 ● GOSIK PINK          : 桜庭一樹さん
 ● 真実の10メートル手前         : 米澤穂信さん
 ● 江戸川乱歩傑作選 獣          : 江戸川乱歩さん著・桜庭一樹さん編
  順当に好きな作家さんを買った印象。
  「春追町~」は、野村さん初の一般レーベルからの発刊。ちょっと手がついていません。
  残り2冊は両方とも12月の新刊ですが、好きな作家さんのせいか、面白さのせいか、一気とは言えないまでも読了。
  4冊目は桜庭一樹さん編につられて手を伸ばしましたが、古典ミステリに振り向けるリソースがあるかどうか、ちょっと自信がありません(汗)。
 
★ラノベ
 ● SとSの不埒な同盟2          : 野村美月さん
 
 ● ドレスな僕がやんごとなき方々の
              家庭教師様な件8 : 野村美月さん
 ● 吸血鬼になった君は永遠の愛をはじめる⑤ : 野村美月さん
 ● 楽園への清く正しき道程0・1      : 野村美月さん
 ● チート薬師の異世界旅5・6       : 赤雪トナさん
 ● 竜殺しの過ごす日々3・8~11     : 赤雪トナさん
 ● とある飛空士への誓約9         : 犬村小六さん
 ● トネリコの王2             : 日向夏さん
 ● 異世界チート魔術師4          : 内田健さん
 ● 天使の3P×6             : 蒼山サグさん
 ● 雛菊こころのブレイクタイムⅠ      : ひなた華月さん
 ● あやかし露天商ティキタカ        : 井上樹さん
 ● もう中二病でもいいもんっ        : 翡翠ヒスイさん
 ● チートな魔王の道具屋は、今日も
   JKJC(バイト)が働かない!?1・2 : 澄守彩さん
 ● エルフ嫁と始める異世界領主生活     : 鷲宮だいじんさん
 ● 非ヲタの彼女が俺の持ってるエロゲに
    興味津々なんだが……         : 滝沢慧さん
 ● 転生少女の履歴書1           : 唐澤和希さん
 ● 竜峰の麓に僕らは住んでいます1     : 寺原るるるさん
 ● 善行冒険者1              : 唯野皓司さん
  さすがに半年分、大分買いました。
  野村さんの執筆ペースに完全に置いていかれています。
  吸血鬼になった君は~と、ドレスな僕が~は、最終巻が出てしまいました。
  そして新シリーズ、楽園への清く正しき道程が始まってしまいました。
  とある飛空士への誓約も、犬村さんのペースに置いていかれている間に最終巻となってしまいました。
  チート薬師の~も最終巻が出ました。
  トネリコの王・異世界~は順等に続卷を購入。
  天使の3Pも刊行ペースに置いていかれてます。
  竜殺し~と、あとの10冊はなんというかその場の勢いっつ~か。
★漫画
 ● なし 
  珍しく半年で1冊も無しでした。なんでしょうね。漫画棚を哨戒する気力と時間が無いということもありますか。
『古書購入分』
★ 小説
 ● 光圀伝(下)              : 冲方丁さん
 ● 尖閣海域謎の幽霊船 UNICOON   : 大石英司さん
 ● 原潜海峡を封鎖せよ           : 大石英司さん
  光圀伝はとりあえず中古が出ていたので下巻から確保。
  大石英司さんのはまとまって文庫本があったのでつい。
★ ラノベ
 ● 竜殺しの過ごす日々1・2・4~7    : 赤雪トナさん
 ● ろりひめさまの建国日誌1        : 箕崎慧さん
 ● ウチの姫さまにはがっかりです…。    : 鈴木鈴さん
 ● デキる神になりますん1・2       : 森田季節さん
 ● ジョシコーセーの成分。         : ハセガワケイスケさん
 ● ネトゲ廃悪魔の願い叶えます。      : 初心音コマさん
 ● ただし、彼はヤンデレにさえモテません  : 伊藤ヒロさん
 ● 女騎士さん、ジャスコ行こうよ      : 伊藤ヒロさん
 ● 社会的には死んでも君を!1・2     : 壱日千次さん
 ● 霊感ニート               : 夏目彗さん
 ● 神器少女は恋をするか?         : 手島史詞さん
 ● 妖怪青春白書 -雪雄くんと薫子さん-  : 沖田雅さん 
 ● 友達からお願いします。         : 清水マリコさん
 ● ノーゲーム・ノーライフ1        : 榎宮祐さん
 ● 無属性魔法の救世主1          : 武藤健太さん
 ● 魔力の使えない魔術師1・2       : 高梨ひかるさん
  竜殺しは赤雪トナさんの前作。古本屋の100円棚に中古本が並んでいたので、まぁ読むかと確保したところ、後はなかなか見つけられず、古本屋にも行けず、それを読み始めてしまったので、足りないところは新刊に自爆という展開。
  ろりひめさま~は完全なタイトル&パケ買い。うちの姫さま~・デキる神に~・ジョシコーセー~・ネトゲ廃~・ただし、彼はヤンデレ~・女騎士さん~・社会的には~も似たようなもの。何やってんだろ。
  108円は悪魔の価格……ブックオフ半年で3回行っただけなのに。
  ノーゲーム~は今更読んでみようという気になった感じ。無属性魔法~と魔力の使えない~は、冒頭をかじってみようかなと。
★ 漫画
 ● なし 
  こちらも珍しく半年で1冊も無しでした。本の満杯圧力が以前にも増して強くなっていて購買の抵抗になっているのは事実です(とか言いながらかなり買っていますが)、また、古書店の漫画棚を哨戒する時間と根性が無いということもありますね。
 
『読了本』
★ 小説
 ● GOSIK PINK          : 桜庭一樹さん
 ● 真実の10メートル手前         : 米澤穂信さん
 
   「GOSICK  PINK」はBLEUの続編という位置づけになりますね。楽しめました。
   「真実の10メートル手前」は太刀洗さん物の短編集でした。面白かったですね。
   しかし、半年で都合2冊。発売時期が近かったせいもあってちょと手こずりました、好きな作家さんの新作をなんとかこなしたって印象ですね。読書テンションの低下は極まってる感じです。
★ ラノベ
 ● 下読み男子と投稿女子          : 野村美月さん
 ● “夕顔”ヒカルが地球にいたころ……②  : 野村美月さん
 ● チート薬師の異世界旅5・6       : 赤雪トナさん
 ● 竜殺しの過ごす日々1~11       : 赤雪トナさん
 ● 廃線上のアリス             : マサト真希さん
 ● 碓氷と彼女とロクサンの。        : 阿羅本景さん
 
  「下読み~」は、爽やかで甘い物語でした。
  「チート薬師~」は、読みやすいせいか、最終巻までほぼ刊行時期に付き合った感じになりました。
  「竜殺し~」は、やはり読みやすいせいか、読み始めたら一気に11巻まで。
  「廃線上のアリス」、「碓氷と彼女と~」ん~なんというか。タイトル買いだったんですけど、面白かったです。
  全体として読了本が異世界チート系シリーズ本に特化していることから考えて、いかに感情の起伏が強い本を避けているかがモロに出てます。読書テンションも低いわけです。
 
★ 漫画
 ▲ 再読
 ● マリーとエリーのアトリエ
   ザールブルグの錬金術師SecondSeason③  : 越智善彦さん
 ● BLOOD ALONE①        : 高野真之さん
 ● 氷菓③                 : タスクオーナさん
 ● 俺の後輩がこんなに可愛いわけがない⑤・⑥: いけださくらさん
 ● あっちこっち④・⑤           : 異織さん
 ● ファイブスター物語ⅠⅢ         : 永野護さん
 ● ヒビキのマホウ③・④          : 依澄れいさん 
 ● 黒猫の駅長さん①            : 山口悠さん
『読書中』
★ 小説
 ● 春追町には、ひまわりさんがいる
     はじまりの春は犬を連れた人妻と   : 野村美月さん
 
 ● 探偵花咲太郎は閃かない         : 入間人間さん
 ● 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない      : 桜庭一樹さん
 ● ばらばら死体の夜            : 桜庭一樹さん
  下3冊は滞留物件、ちょっと気合を入れないと。そろそろ読み返さないと筋が分らなくなってしまいます(汗)。
  「春追町~」はとりあえず競合物件がありますが、早めに読みたいと思います。
★ ラノベ
 ● SとSの不埒な同盟           : 野村美月さん
 ● “若紫”ヒカルが地球にいたころ……③  : 野村美月さん
 ● 楽園への清く正しき道程         : 野村美月さん
 ● ドレスな僕がやんごとなき方々の
             家庭教師様な件3  : 野村美月さん
 ● 吸血鬼になった君は永遠の愛をはじめる① : 野村美月さん
 ● 天使の3P×3             : 蒼山サグさん
 ● ロウきゅーぶ!15           : 蒼山サグさん
 ● とある飛空士への誓約1         : 犬村小六さん
 ● 廃駅の天使               : マサト真希さん
 ● 宇宙人の村へようこそ          : 松屋大好さん
  ちょっと多すぎるので、片端から片付けて、新本を入れないようにするか、
  長期滞留物件は、シリーズ物をまとめて棚上げするか、なやみどころです。
  滞留物件を新刊書が抜けていっている状況ではしかたありませんねぇ。
 
 -----------------------
【まとめ】
 読んだ本の数倍もの本を買っている状況で、健全ではありませんね。
 本調子なら、この程度読めるわけなんですが。
 でも。ま。本に救われているので、全部ヨシとしちゃいます。
 
 

2015年7月19日 (日)

【読書】ここんとこの読書&新刊購入本(2015年7月)

 他にネタ出し出来ないので、またもや読書ログ。
 
 相変わらず、読書テンションは低め。ネットと読書の時間配分が上手くいっていないところへもってきて、休日も所用が割り込み読書時間の捻出に苦労している。
 そんな折、水戸駅北口の駅ビルEXEL5階の『川又書店』が新装オープンしたのだが、本屋の中にスタバを入れ込んだ構造になり、なんとなく気軽にお茶が飲めて買った本や持ち込んだ本が読めるという環境が登場。
 バス待ちの40分弱を快適に読書でき得る空間ができました。
 まあ、手放しでは喜べなくて
   (1)毎回金がかかるので総額が馬鹿にならない
   (2)読書に夢中になるとバスに乗り遅れる
 なんて弊害も。とは言え、週に2~3日のペースでお世話に。。。
 
 さて、
 
 
『新刊購入本』
 
 
★鉄道関連書籍
 
 
 ●電気機関車とディーゼル機関車  : 石田周二さん・笠井健次郎さん
 
 ●ひたちなか海浜鉄道 湊線百年史 : 湊線百年史編纂プロジェクトさん
 
 
  水戸駅でのバス待ち時間の関係で新刊を目にする機会が多いこともありますが、今回は別口での鉄道ものの入手が目立った感じです。
 
 
★ラノベ
 
 
 ● とある飛空士への誓約8              : 犬村小六さん
 
 ● 下読み男子と投稿女子~優しい空が見た、内気な海の話: 野村美月さん
 
 ● ロウきゅーぶ!15                : 蒼山サグさん
 
 ● 彼女は遺伝子組み換え系              : 嵯峨伊緒さん
 
 
  「とある~」即買い案件なんですが、読みが発売に追いついていない案件でもあります。なんとかしないと。
  「下読み~」期待の短編案件。すぐ手を出すんじゃないかな。割り込み案件になるのはまずいな。
  「ロウ~」即買い案件(ぉぃ)なんというか15巻までおつきあいさせていただきました。
  「彼女は~」帯買い(ぉぃ)「最強のツンデレ少女出現」と聞いて~(ぉぃぉぃ)。
 
 
★漫画
 
 ● ヒビキのマホウ4                 : 麻枝准さん・依澄れいさん
 
  「ヒビキの~」は即買い案件なんですが、年単位でそれこそ思い出したように出るので、哨戒対象から落ちてました。今回、目に入って仰天して捕獲。2月頃に出てた様で。
  初出一覧を見たら一番前のエピソードは11年7月ってことで4年前。まぁ、息の長い作品です。
  しかし2巻で止まってると思っていたら3巻も既に出てたんだなぁ。探すか取り寄せるかしないとなぁ。
 
 
★ムック
 
 ● るるぶガールズ&パンツアー            : JTBパブリッシングさん
 
  や~、がるぱんです。がるぱん。7月からテレビ東京で地上波放映が始まりました。本編放送開始から2年と9ヶ月遅れでやっと茨城でちゃんと視聴できますね~。
  いやいや、初回放映の映像を見て第4話の大洗の市街戦シーンは画面の前で笑い転げたんだけれども、は~「るるぶ」まで出ちゃいましたか。JTBさん、これで「るるぶ」出しちゃいますか~。
  その大洗市街戦の第4話「隊長、がんばります!」ももうすぐ放映です。
  いや、始めはおいらが地元なのとミリヲタでもあるのとで単に喜んでるだけなんだろなと、ここまでのムーブメントになるとは正直、思っていなかったんですが。
  とりあえず、みっちり「がるぱん」のムックです。ま、知らない方も、これ読めばどんなハナシなのだかなんとなくは分かるんじゃないでしょうか。
 
 
 
『古書購入本』
 
 
★小説
 
 
 ● 青年のための読書クラブ              : 桜庭一樹さん
 
 ● 探偵・花咲太郎は閃かない             : 入間人間さん
 
 
★ラノベ
 
 ● トネリコの王                   ; 日向夏さん
 
 ● ささみさん@がんばらない1・2・7~9      : 日日日さん
 
 ● 赤鬼はもう泣かない                : 明坂つづりさん
 
 ● 犬とハサミは使いよう1~6他           : 更伊俊介さん
 
 ● 竜殺しの過ごす日々4               : 赤雪トナさん
 
 ● ネクストライフ1・2・4~6           : 相野仁さん
 
 ● モテモテな僕は世界まで救っちゃうんだぜ(泣)1~3: 谷春慶さん
 
 ● 中二病でも恋がしたい               : 虎虎さん
 
 ● 竜と勇者と可愛げのない私1・2          : 吉村一矢さん
 
 
★漫画
 
 
 ● 犬とハサミは使いよう1~3            : 大庭下門さん・更伊俊介さん
  久々にBOOKOFF哨戒をやって大人買いしたせいもあって、増えましたね。
  あ~何も考えていないというか。。。。。。
  今の読書ペースで消化できるわけ無いのに。。。。。。
  「青年の~」いくら100円だったからと言って、文庫本で読了しているのにハードカバー買ってくるってのは・・・本の置き場所無いとか言っているのと購買行動が真逆。(だってハードカバー欲しかったんだも~ん)
  「探偵・花咲太郎は~」、作者買いっても、未だ「電波女と~」が全然消化できていないまま年単位で積んであるんですが(汗)。
  「トネリコの王」、表紙買い(爆)。
  「ささみさん~」も作者買いで、やっと100円棚に落ちてきていたので。
  「赤鬼は~」はなんか、立ち読みしはじめて10ページくらいで籠行き物件。波長が合ったのかしらん。
  「犬ハサ」なんか、今更なんですが突然ブームってます。大分前にやってたアニメ、結構面白かったですしね。
  「竜殺し~」は作者買い、全9巻中4巻を先ず拾いました。1巻を拾ったら読み始める予定(ホントに読めるのか?)。
  「ネクスト~」落ちてたのでなんとなく。ん~読むんだろか(ぉぃ)。
  「モテモテな~」タイトル的に気になってて3まで落ちてたのでつい。読むんだろか(ぉぃぉぃ)。
  「中二病でも~」落ちてたので。アニメ面白かったですしね。
  「竜と勇者と~」いっぱい落ちているのできっと面白いのだろ~と(ぉぃぉぃぉぃ)。
『読了本』
 
 
★鉄道関連書籍
 
 ● 電気機関車とディーゼル機関車  : 石田周二さん・笠井健次郎さん
  突然毛色が変わりましたが、ま、私の場合はこれが本業です(本だけに!(ぉぃ))。
  6月の新刊です。とりあえずだだだ~っと読みきりました。
  ただ、ま、脳みそ使う場所が違いますからね、他の本との併読は楽でした。
  まとまった良い本だと思いました。趣味書としてもお勧めできるんじゃないかな。
  版型が小さいので図なんかでは厳しいなぁって思ったものも有ったりしましたが(こちらの目の老化の問題も有るのですが(苦笑))、それだけ濃い内容が書いてあるということで。
 
 
★小説
 
 ● 読了本無し
 
  引き続き3冊滞留してます。駄目だコイツなんとかしないと。。。 
 
 
★ラノベ
 
 ● アルジャン・カーレル(上・下)          : 野村美月さん
    ~革命の英雄、或いは女王の菓子職人~
 
 ● トネリコの王                   ; 日向夏さん
 
 ● 赤鬼はもう泣かない                : 明坂つづりさん
 
  「アルジャン~」野村美月さんの本は他にも滞留している本がたくさん有るというのに、短編の気安さからか、一気に読了。
  無口でぶっきらぼうな主人公とストーリー上でそれを補う他のキャラクター達とのかけあいが面白かったですね。
  「トネリコの王」タイムスリップものに近いのかな。面白かったです。設定とかも。ん、やっぱおいらは、無口・無表情系美少女に弱いな。あ~あ50を目前に何言ってんだか。
  「赤鬼はもう~」妖怪モノで良いのかな?。面白かったです。垢舐と人間のハーフって設定は思いつかないよなぁ。垢舐を主人公にもって来ないよな普通。
  しっかしま~ラノベ前回から4冊しか読了できてないのに、こんなに買い込んでどうするんでしょう?
 
 
★漫画
 
 ● ヒビキのマホウ4                 : 麻枝准さん・依澄れいさん
 
 ● 犬とハサミは使いよう1~3            : 大庭下門さん・更伊俊介さん
 
  漫画の方は買ったら読んじゃうんで直ぐ読了。
  「ヒビキの~」は4巻もやっばりほのぼので、でもマイナーコードの綺麗なお話でした。
  「犬とハサミ~」は、ん、こんなもんかな。うん、面白かったです。いや、秋山さん頭ん中で美化され過ぎちゃってたわ。巻末メッチャ面白うございました(ひどいな)。
 
 
 
『読書中』
 
 
★鉄道関連書籍
 
 ●ひたちなか海浜鉄道 湊線百年史 : 湊線百年史編纂プロジェクトさん
  300Pを超える大物です。今回、写真の方で少しお手伝いをさせていただきました。
  書店売りは書泉くらいしかしなかったらしいので、ご購入希望の方はひたちなか海浜鉄道那珂湊駅窓口に直接か、通販はECOTRAN一般社団法人 交通環境整備ネットワーク)のホームページ(http://ecotran.or.jp/)へ。
  ざっと斜め読みの後、頭に入るように、じっくり熟読中。
 
 
★小説
 
 ● 世界堂書店 米澤穂信編              : 米澤穂信さん
 
 ● 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない           : 桜庭一樹さん
 
 ● ばらばら死体の夜                 : 桜庭一樹さん
 
 ● 探偵・花咲太郎は閃かない             : 入間人間さん
 
 
  あ~、前回と同じ本が滞留してます。まずいな~読み返さないと分かんなくなっちゃうよ。
  読書テンションが回復していないところに、ラノベのお気楽系の割り込みを入れるので、どんどん後ズレしてってますね。
  今回は他に鉄道系の割り込みもありましたからね。
 
 
★ラノベ
 
 ● “夕顔”ヒカルが地球にいたころ……②       : 野村美月さん
 
 ● 吸血鬼になった君は永遠の愛をはじめる①      : 野村美月さん
 
 ● 天使の3P×3                  : 蒼山サグさん
 
 ● ロウきゅーぶ!15                : 蒼山サグさん
 
 ● とある飛空士への誓約1              : 犬村小六さん
 
  あ~、こちらも前回と同じ本が滞留してます。一度仕切りなおさないと。
  とにかく、しばらく新しい本買うのと手をつけるの止めないとなぁ。
 しかし、今回はお気楽系のウェイトが低かったとはいえ、活字の本は10日で1冊の割合でしか読めていないとなると、読書テンションの低下は深刻だなぁ。
 バスの中でスマホしちゃうのもいけないんだよなぁ。帰宅してからもネット漬けだし。
 頭がより楽な方に流れちまうのは、やっぱり全体のテンションが下がっているんだろな。
 ちょっと対策考えます。
 
 今回はこんなところで。

2015年5月31日 (日)

【読書】ここんとこの読書&新刊購入本(2015年5月)

 
 だ~いぶ、間があいてしまいました。
 
 読書テンション、相変わらず低調で、新刊本が溜まっていく状況が続いています。
 まぁ、軽い本ならば読めるレベルには回復しているのですが。
 
 
 
『新刊購入本』
 
★小説
 
● 鈍行最終気まぐれ列車1970-1980懐かしの汽車旅へ種村直樹傑作選 : 種村直樹さん
 
● 一番線に謎が到着します 若き鉄道員・夏目壮太の日常 : 二宮敦人さん
 
● GOSICK BLUE                   : 桜庭一樹さん
 
 
★ラノベ
 
● アルジャン・カーレル(上・下)            : 野村美月さん
   ~革命の英雄、或いは女王の菓子職人~
 
● 吸血鬼になった君は永遠の愛をはじめる②・③・④ : 野村美月さん
 
● ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師な件6~7  : 野村美月さん
 
● 天使の3P×4・×5                : 蒼山ザグさん
 
● 異世界チート魔術師 1~3          : 内田 健さん
 
● チート薬師の異世界旅 1~3          : 赤雪トナさん
 
● マカロン大好きな女の子がどうにかこうにか千年生き続けるお話。 : からてさん
 
● カナエの星1~2                  ; 高橋弥七郎さん
 
● とある飛空士への誓約5~7           : 犬村小六さん
 
 
 
『古書購入本』
 
今回は古書店分は特に特記事項は無かったような。
大分サボっていたので、最近のナショナルジオグラフィックは大量に買い込みましたが。 
 
 
『読了本』
 
★小説
 
● 鈍行最終気まぐれ列車1970-1980懐かしの汽車旅へ種村直樹傑作選 : 種村直樹さん
 
● 一番線に謎が到着します 若き鉄道員・夏目壮太の日常 : 二宮敦人さん
 
● GOSICK BLUE                   : 桜庭一樹さん
 
 昨年11月に亡くなられた、故種村直樹さんの昭和50年前後の紀行文の傑作選。
 読み応えがありました。が、想像していたよりも疲れましたね。一話一話休み休みという感じの読み方になりました。それだけ内容が濃かったということなのですが、やはり読書テンションは低めなんでしょうね。
 さて、自分でもこりゃダメダメだ~と思うんですが、フェイスブックの知人のタイムラインで知人の旅行の様子を眺めていると、なんだか紀行文を雑誌以外の本で読むのは久しぶりで変な感じです。
 
 一番線に謎が~は、今月(5月)の新刊本。だ~っと読んでしまいました。
 鉄道を小道具にした人情話といった趣の本です。
 鉄道システムのリアリティについては突っ込まないお約束で。
 予定調和ですが、良いお話でした。
 タイトルからミステリーに括って読んでしまうと物足りないとは思いそうですが。
 
 GOSICK BLUEは、おなじみの二人が新大陸に渡ってきた直後が舞台です。
 久城クンは、あいかわらず階段を登り続けているなぁ、というしょうもない感想が。。。
 
 
★ラノベ
 
● 陸と千星~世界を配る少年と別荘の少女  : 野村美月さん 
 
● マカロン大好きな女の子がどうにかこうにか千年生き続けるお話。 : からてさん
 
● 異世界チート魔術師 1~        : 内田 健さん
 
● チート薬師の異世界旅 13        : 赤雪トナさん
 
  陸と千星~は、澄んだお話でした。ステロタイプと言えばそれで斬り捨てられてしまいかねないお話とみる方もいらっしゃるとは思いますし、だからこそ出版に漕ぎ着けるまでに、紆余曲折もあったらしいのですが、作者の地力と粘り勝ちという印象です。いろいろな擦れ違いがひとつひとつ緻密に組まれていて、それがとどいて来る甘い物語でした。
 
 マカロン大好き~は、地球人類がなんとかかんとか千年生き延びるお話。というか。
 いろいろと超越している主人公達と、設定のシニカルさが面白かったですね。
 
 異世界チ-ト系(と括っちゃって良いのだろうか、作者さん達や双方の読者の皆さんたちに怒られやしないだろか)は、読んでて頭が楽なので、おやつ代わりです。
 ふたつのお話ともいろいろチートな主人公達ですが、片や王道のどニブチン、片やすっごい冷たい相方に日夜熱烈なアプローチと、色恋沙汰の設定はまぁ正反対で、ん~、おいらは後者の展開が好きすかね。アプローチに対してひたすら冷徹かと思えば、巻を追うごとに極僅かづづつ増えていく相方の微量のデレとか。



『読書中』
 
★小説
 
  ● 世界堂書店 米澤穂信編            : 米澤穂信さん
 
  ● 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない         : 桜庭一樹さん
 
  ● ばらばら死体の夜                  : 桜庭一樹さん
 
 
 小説は、読書テンション低下の影響が強く出てますね。
 砂糖菓子~はあの薄い本がなかなか手につきませんし・・・。
 ばらばら~もなかなか進まず。読み返しも多いですね。
 
★ラノベ
 
● “夕顔”ヒカルが地球にいたころ……②     : 野村美月さん
 
● アルジャン・カーレル(上・下)            : 野村美月さん
   ~革命の英雄、或いは女王の菓子職人~
 
● 吸血鬼になった君は永遠の愛をはじめる①  : 野村美月さん
 
● 天使の3P×3                : 蒼山ザグさん
 
● とある飛空士への誓約1            : 犬村小六さん
 
 
 こちらも、読書テンションの低下の影響が出て、良いお話かより、読み易いお話という軽薄な傾向の被害をくらって、新刊本に抜かれている本が多いですね。
 あああ、野村さんの本が滞留している。ごめんなさい。ごめんなさい。
 ヒカルが地球に~シリーズはおいら読むのが相変わらずのスローペース。読み返しとか多いんで、なんとかがんばって進めないといけませんね。既に完結していますし。とても良いお話なのですが。
 
 他のお二方の本も、読み返し読み返しで、なかなか進みません。
 持ち歩く本が多すぎるんですねえ。ちょっと、つまみ読みの姿勢を改めないと。
 
 
 
 
 ま、こんな感じで無難なお気楽系が主体。
 通勤経路の関係で、バス待ちの暇つぶしが書店ということもあり、新刊の比率が不本意ながら上がってしまっています。
 当面の目標は、読書テンションの回復ですかねぇ。
 
 
 

2014年9月22日 (月)

【読書】ここんとこの読書&新刊購入本

 先週日曜日(9/14)、ひたちなか海浜鉄道湊線では、贅沢にも、ど晴天の中、稲刈り真っ盛りの田んぼをバックに、旧型気動車の2両編成が走ったのですが、その『撮り鉄』大喜びの状況の中、一眼デジカメ2台を持ったまま、超贅沢にも、その旧型気動車に乗車して『読み鉄』を楽しんで来ました。
 まぁ、撮ってる人がいっぱい居ると撮りたくなくなるって、天邪鬼が湧いただけなんですが(苦笑)。
 てなわけで本題。
 新刊購入本はラノベのみ
 野村美月さんの新シリーズと、蒼山ザグさん。
 ★ライトノベル
  新刊購入本
  ● 吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる①   : 野村美月さん
  ● “藤壺”ヒカルが地球にいたころ……⑩     : 野村美月さん
  ● 陸と千星~世界を配る少年と別荘の少女     : 野村美月さん
  ● 天使の3P×3                : 蒼山ザグさん
  野村美月さんばかりになってしまいましたが、ちょっと購入サボってましたかね。
  『ヒカルが地球にいた頃……』シリーズ、もたもたしている間に最終巻が出てしまいました。
  私の読むほうが最終巻に辿り着くのはいつになりますことやら。
  短編『陸と千星』の方も期待しています。
  いつもながら、作者さん、全くベクトルが違うチョイスだなぁ。
  どちらの方も即買い案件なんだけれど。
  とりあえず、未読案件があるので4冊とも触りの10頁くらい眺めて先ずは積読状態に。
  や、ま、蒼山ザグさんはのっけからブッ飛ばしてましたが(苦笑)。
 
  読了
  ◎ “葵”ヒカルが地球にいたころ……①      : 野村美月さん
 
  ここんとこ、読書ベースがかなり落ちている上に、読むのは小説の方が多いので“葵”をやっと読了。
 
  ラノベで読書中は
  ● “夕顔”ヒカルが地球にいたころ……②     : 野村美月さん
  ● 陸と千星~世界を配る少年と別荘の少女     : 野村美月さん
  ● とある飛空士への誓約1            : 犬村小六さん
  ● 天使の3P×3                : 蒼山ザグさん
  どれも、かなりゆっくり読んでいます。
  前にも書きましたが、読書テンションが落ちると、再読が増えるのですよね。。。
 
  ラノベで再読・読了は
  ◎ GOSICK Ⅷ下 -神々の黄昏-      : 桜庭一樹さん
  ◎ 彼女はつっこまれるのが好き!8・9・10   : サイトーマサトさん
  ラノベで再読中は
  ● 天使の3P×2                : 蒼山ザグさん
  ● ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師な件3 : 野村美月さん
  ● GOSICK Ⅵ -仮面舞踏会の夜-     : 桜庭一樹さん
 
 ★小説
 さて、本命の小説
 新刊購入本は無し
 読了は
  ◎ 桜庭一樹短編集                : 桜庭一樹さん
  ◎ 無花果とムーン                ; 桜庭一樹さん
  ◎ リカーシブル                 ; 米澤穂信さん
 読書中は
  ● 世界堂書店 米澤穂信編            : 米澤穂信さん
  ● 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない         : 桜庭一樹さん
 む~、つくづく作者さんが偏っているなぁ。
 
 読書テンションが低いと、保守的にもなるらしいなぁ。。。
 
 そうは、言っても、読書時間がなかなか取れないのよ。。。
 
 

2014年7月23日 (水)

【読書】最近の新刊購入本&読書

 最近、意図的に列車に乗って本を読んでいます。
 
 ボックスシート、ディーゼルエンジンの音に抱かれての読書は、15の歳に当時の地元の水郡線の山方宿から、水戸を経由して、勝田までの道のりを列車通学して以来、落ち着いて本を読める環境として、体に馴染んでしまいました。
 
 幸いなことに、自宅から30分とかからずに、ひたちなか海浜鉄道の那珂湊駅に行けます。
 
 そして、この路線には、昭和40年前後に生産された古典ディーゼルカーが現役で走っています。
 30余年前の学生時代と、ほとんど変わらぬ読書環境がここにあります。
 てなわけで、1往復すれば元が取れる1日乗車券900円で、2~3往復。旧型気動車のボックスシートでの読書を楽しんでいます。
 
 
 
 
 さて本題。
 
 ★小説
 
  新刊購入本
  ● 満願     : 米澤穂信さん
  ● リカーシブル : 米澤穂信さん
  ● 世界堂書店  : 米澤穂信さん編
 
 
  うわ~見事に米澤穂信さんの本ばかり。。。
 
  米澤穂信さんの本は、手元にかなりの数あるのですが、久々に買った新刊『満願』がかなり面白かったせいで、手にしてない最近の本を2冊買い足し。
  現在はメインに『リカーシブル』を読んでいます。
 
  読書に時間をかけていないのと、読書集中力がここんとこイマイチなので、読書スピードはかなり落ちています。
  集中力が落ちると、再読が増えるんですよね。
 
 
 
  読了
   ◎恋歌     : 朝井まかてさん
   ◎GOSICK -ゴシック- RED : 桜庭一樹さん
   ◎満願     : 米澤穂信さん
 
 
  再読
   ★女神のための円舞曲 : 大石英司さん
   ★儚い羊たちの祝宴 : 米澤穂信さん
   ★追想五断章    : 米澤穂信さん
   ★氷菓       : 米澤穂信さん
   ★道徳という名の少年: 桜庭一樹さん
   ★私の男      : 桜庭一樹さん
 
 
 
  未着手
   ※無花果とムーン     : 桜庭一樹さん
   ※桜庭一樹短編集     : 桜庭一樹さん
   ※世界堂書店       : 米澤穂信さん編
 
 
  古書入手本未読
   ※ブルースカイ      : 桜庭一樹さん
   ※青年のための読書クラブ : 桜庭一樹さん
   ※ファミリーポートレイト : 桜庭一樹さん
 
 
 
 ★ライトノベル
 
 
  新刊購入本無し
 
  不良在庫の払底に向けて、無駄な努力を継続中。
  最近は野村美月さんの2シリーズを重点的に。
 
 
  再読中は
   ★ドレスな僕がやんごとなき方々家庭教師様な件1~5
 
  読書中は
   ●ヒカルが地球にいたころ……①~⑨ ・・・現在未だ①巻の"葵"です。
 
 
  その他に再読中
   ★『天使の3P!』及び『天使の3P!×2』 :蒼山ザグさん
   ★彼女はつっこまれるのが好き!1~10   :サイトーマサトさん
   ★GOSICKⅧ下-ゴシック・神々の黄昏- : 桜庭一樹さん
 
 
 
 
読了本について
 
 
●朝井まかてさんの『恋歌』は、引き込まれました、良い物語だったと思います。
 
 
●桜庭一樹さんの『GOSICK -ゴシック- RED』は、シリーズ物最初の巻ということもあって、今後の伏線になるであろう事柄が悪目立ちしていた感じがありましたが、
 ヴィクトリカがあんな感じだったので、もう、何も言うこと無いです(爆)
 
 
●米澤穂信さんの『満願』は大変楽しめました。不定形のラストの多様性というのでしょうか。一編一編が面白かったです。
 

2014年2月23日 (日)

【読書】今月の新刊購入本(だから本買うなって言うのに)

 
 いや、基本新刊買わないはずなんですが、躁入ってんのかな?
 新刊に対する財布の紐が緩い気がする・・・
 
 ★小説
 
  ● 無花果とムーン            : 桜庭一樹さん
  ● 桜庭一樹短編集            : 桜庭一樹さん
  ● GOSICK -ゴシック- RED  : 桜庭一樹さん
 
  ● 恋歌(れんか)            : 朝井まかてさん
 
 ★ライトノベル
 
  ● とある飛空士への誓約1        : 犬村小六さん
  ● とある飛空士への誓約2        : 犬村小六さん
  ● とある飛空士への誓約3        : 犬村小六さん
  ● とある飛空士への誓約4        : 犬村小六さん
  ● ”六条”ヒカルが地上にいたころ⑨   : 野村美月さん
 
 
 ★漫画
 
  ● サクラサクラ③            : もりしげさん
  ● 俺の後輩がこんなに可愛いわけがない④ : いけださくらさん
 
 
 桜庭一樹さんは、未だ古本市場に回らない新刊本を3冊・・・と思っていたら、先日『短編集』が古本屋に出ててがっくし。『GOSICK』は前シリーズからの流れで即買い。『無花果とムーン』もハードカバー最新刊なので即買い。
 やっぱり、本屋行っちゃダメなんだよ。行くなら古本屋にしないと・・・とは言え、新刊で買いたい本でもあったのですけれど。
 
 朝井まかてさんの『恋歌』は直木賞作品というよりは、題材が幕末の水戸の天狗と諸生の騒乱だからという地元意識。両派の留守家族に、そして水戸藩内で起きていた陰湿な惨劇に女性(留守家族)の視点から着目した話らしいという事なので、期待しています。
 まぁ、同じ感覚の方はたくさん居たらしく、地元、物語の舞台となった水戸では、発売早々、売り切れ入手難騒ぎが有った上に、今は巨大な平積みエリアができています。
 100余歳で亡くなった私の祖母は、聞き語りとして『天狗党の西上』に加わる際の祖先の旅立ちの姿についての事は話してくれましたが、後に残った家族の事については、知らされていなかったのか、話したくなかったのか、亡くなるまで聞けずのままでした。
 水戸が幕末に舐めた辛酸の一つに、天狗・諸生両派互いにお互いが実験を握っている間に他派の留守家族に加えた弾圧の報復というものがあります。地元では触れたくない話題のひとつだとも思いますが、避けて通ってはならない事であるとも思っています。
 この本は物語なのですけれど、このネタをどういう風に料理してくださっているのか、大変楽しみにしています。
 これだけ水戸では部数が出ているんで、待ってる気さえあれば、古本屋に落ちて来るのは早いとは思うのですが、水戸の幕末ネタになると、天狗の末裔はどうしても財布の紐が緩んでしまいます。
 
 犬村小六さんの『とある飛空士への誓約①~④』は、『飛空士』シリーズの第4弾、古書店のラノベ棚に落ちてこないので痺れが切れちゃいました。
 やっぱり、本屋行っちゃだめなんだよ。行くなら古本屋にしないと・・・と言いつつ、見つけたら新刊でも買うつもりではいたのですけれど。
 
 野村美月さんの本は、新刊即買い案件なので、何も考えずに購入・・・は良いんですが、この『ヒカルが地球にいたころ』シリーズ、新刊で既刊9巻全巻揃っているのに未だ1巻を読んでいるという情けない状態にありまして。だめだ・・・早くなんとかしないと。
 先に平行シリーズの『ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件』シリーズの方を読んじゃうからという言い訳があったりします。
 
 漫画で、もりしげさんの『サクラサクラ』は面白いから買っているだけなら古本屋で待つのも手なんですが、まぁ色々ありまして(笑)。この方の本は、無条件で新刊で買います。
 新刊が出ているのしばらく気がついてませんで、探し出したら見つからなくて、ようやく今日つかまえました。
 
 いけださくらさん、『俺の後輩がこんなに可愛いわけがない』、あコレですか、、これは理由は簡単、『黒猫、かわいいよ、黒猫・・・』これしかありません(をぃ)。もう読んじゃいましたし。
 だって、古本屋まで落ちてくるの待てないんだも~ん。黒猫は古本屋じゃなくて、本屋で拾うんだも~ん。
 
 
 という感じで、未だ読了したのは、『俺の後輩がこんなに可愛いわけがない』だけ、漫画は、これから『サクラサクラ』にかかります。ま、漫画は、あっという間ですからね。
 小説は『GOSICK RED』から手をつけまして約1/3。桜庭一樹さんの本は、他にもかなりの冊数、積んである本があるので、前途多難。
 朝井まかてさんの『恋歌』は早めに手を付けたいですね。他と毛色が違うので、併読は楽そうですから、近々読み始めると思います。
 ライトノベルは、犬村小六さんの『とある飛空士への誓約』は、読み始めたら集中してドドドドドっと行くのが前作までの読み方の流れなので、何時手をつけるかですね。手を付けると他の読書が全部止まるパターンですけど。
 野村美月さんの『”六条”ヒカルが地上にいたころ⑨』、あはは、未だ到達するまでに7巻と半分あります。何時読めるのでしょうか?(爆)
 本はコレクションする物では無いと思いつつ、鉄道雑誌とか、ナショナルジオグラフィックとか、バックナンバー集めに走ってますからね。ラノベも全巻有るだけで読んでないシリーズ物、大分有りますし(爆)。
 
 
 やっぱり、これからしばらく、本屋も古本屋も行っちゃいけないんだよ。
 

2014年2月18日 (火)

【小説】桜庭一樹さんと鉄道

 

 いきなり、直木賞作家さんのネタなんですが。

 

 いや、一番初めに、桜庭先生の作品”GOSICK-ゴシック-”がアニメ化された時に、キャラクター原案が大好きな武田日向さんだという事で、武田さんの挿絵が載っている原作の小説版(当時はライトノベル)を手に取った事が始まりです。
 まぁ、いつもながらですけど、とっかかりからしてヲタクなアプローチですねぇ、我ながら。

 

 ”GOSICK”って作品は外伝も入れて13巻構成なのですが、初巻でちょっと「おや?」と思う表現があったんですね。

 

 『機関車に乗る』という。

 

 「機関車には乗れねぇよ、乗るのは客車だぁよ」って、鉄ヲタ丸出しのツッコミを入れたい訳では無くてですね。
 「不思議な表現をする作家さんだなぁ」というのが、その時感じた事でした。

 

 いゃまぁ、おいらに限って言えば『機関車にも乗る』んですが。まぁ最近はそういう事はしてませんが。
 それもあって、おいらにとっては『機関車』と『列車』って、意味が厳然と分かれているものなので、 その境界が曖昧な『機関車に乗る』っていう表現に引っかかるというか、惹かれたのかも知れません。(これはどうでもいい話だな)

 

 で、この『機関車に乗る』という表現、Ⅱ巻でもⅢ巻でも登場するんですね。
 他の作品でも”道徳という名の少年”でも『機関車に乗りこみ』という表現が出てきます。

 

 でも、別に桜庭さんの各作品に登場する全部の鉄道情景で『機関車に乗る』という表現が出てくるわけではありませんで。

 

 桜庭さんの小説の登場人物は『3両編成の鈍行列車』に乗りますし(”ファミリーポートレイト”)。
 (しかもホームの短い無人駅でホームにかからない車両のドアから落ちて怪我をする描写がある)
 JR横須賀線にも乗りますし(”荒野の恋”・”荒野”)。
 山手線の原宿駅で降りもします(”推定少女”)。
 前出の”GOSICK”でも、Ⅴ巻・Ⅵ巻では『オールド・マスカレード号』という『列車に乗って』ますし。
 お座敷列車も借り切ります(”赤朽葉家の伝説”)。
 

 

 なんというか、桜庭さんの作品を複数読んでいくうちに、時代設定が近代の蒸気機関車牽引列車に限って、 しかも、特定の列車名称を持たない列車に限って、『機関車に乗る』という表現を意図的に使われている様に感じまして。
 『機関車に乗る』という言葉を使う際のニュアンスに、一定のこだわりがあるのだという気がしてきまして。

 

 

 まぁ、ここまでが前段。

 

 

 

 その桜庭さん、”少女七竃と七人の可愛そうな大人”では、主人公の少女がなんと’鉄道マニア’という設定です。

 

 

 『たいへん遺憾ながら、美しく生まれてしまった』彼女は、『好きなものはというと、鉄道である』、『鉄道模型が大好きである』。
 いや、話の中身として、ここに注目するのはどうよって感じなんですが、そりゃおいらは、鉄ヲタっすからね。

 

 『機関車に乗る』の事もあり、のっけから「何を書くつもりなんだ?」という期待感は強かったですね。

 

 多少、’悪意ある記号’として、’鉄道マニア’が使われている感は否めませんし、’記号として使われている’とおいらが書く様に、自覚がある鉄道マニアにとっての一般的なリアリティのある鉄道マニア像とはかなり著しい乖離があると思います。
 ここのところは、生理的に許せないと感じる鉄道好きの方もおられるでしょう。
 そういう方々にとっては、本作の好き嫌いが分かれる箇所になるかも知れないとも思います。

 

 ただ、物語の道具としては大変面白い使われ方でした。おいら的には大変楽しめました。

 

 『男など。男など。列車たちの足元にもおよばぬ。滅びてしまえばよいのだ。』
 主人公の親友である美少年、桂雪風に想いを寄せる後輩の少女、緒方みすずから投げかけられる
 『先輩”鉄”なの?』
 『鉄道マニアだなんて。みっともない』という言葉、
 その後輩に、主人公の川村七竃がささやく、
 『あなた。桂雪風も”鉄”なのですよ』
 『わたしと彼は鉄道マニアだから、仲良しなのです。あなた。』という言葉。

 

 そして登場する鉄道車両の形式や列車名。
 『キハ八兆M』
 『キハ五百億M』
 『スーパーよぞら』
 『81カシオペアα号』
 『ホキ二億形』

 

 

 そして、川村七竃の自宅のレイアウト
 『(すばらしき/呪われし)川村七竃の鉄道模型(ワールド)』も規模拡大を続けます
 『六メートル×五メートル。本線はなんと八系統』・・・・・・15畳相当
 『十メートル×七メートル。本線はなんと十三系統』・・・・・35畳相当

 

 うむむ・・・・・・さすがに、突っ込んでおこう(苦笑)。
 おいらの家のLDK合わせて15畳、総建坪は30畳強。 
 いやぁ、どんだけ広い家なんすかね(笑)。
 あと、これ、さすがに、このレイアウトを作るのは、大学は公立に行かねばならない女子高生の小遣いの財力ぢゃ無理っしょ(苦笑)。

 

 まぁ、これ、「なんとなく良く判らないけど凄いらしい」という事が普通の読者さんに伝わればそれでOKなんで、物語的に、このレイアウトの規模とか大きさがリアルである必要は全く無いんですけれどね。

 

 桜庭さんの他の著作もそうですが、こういこう部分を潔くバッサリ切ってしまって物語の展開の方に傾注するという形は私は嫌いじゃないです。

 

 読みたくも無い薀蓄をリアリティを補充するためにだらだら書かれるよりは、面白いかもしれません。
 まぁ、読みたい薀蓄をリアリティを補完するためにこまごま書いてくれてる、面白い作家さんもいらっしゃるので、一概には言えませんが。

 

 

 本書においては、鉄道は小道具であって、本書は鉄道の物語ではありません。基本的には女性の物語だと思います。
 まぁ、280頁ほどの小説ですし、ご興味のある方は、ぜひ。

 

 
※ 角川文庫 さ-48-4 少女七竃と七人の不幸な大人
  平成二十一年三月二十五日初版発行 税別514円
  ISBN978-4-04-428105-2
  単行本 2006年 角川書店刊