携帯・デジカメ

2018年1月15日 (月)

【悲報】SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM 瀕死

【物欲】SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary 購入

 中根駅の近くで日光の男体山バックの絵を撮っていたら、もう7年目になる、SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMが、突然ギーギーと大きな音を発し始めた。カメラの電源を切るまでは異音がしていて、OS(手振補正)のスイッチを切りにしても、使っているとギーギー。

 もともと購入時に 500mmという焦点距離にしたらそう高いっていうほど、お値段のはったレンズでは無かったとはいえ、この望遠番長、結構使うので、手持ちレンズからラインナップ落ちされると厳しい。

 これは寿命(というかおいらの使い方でよくここまでもった)という事と考え、次を導入することにした。

 Nikon も焦点距離にしては破格のAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRを出してきており、TAMRONはTAMRONでSP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2があるという感じで、ど~しよ~か、とりあえずの長距離砲の購入に、突如悩む事になる。
 なんにしても今ヒネリ出せるのは、今回の車検費用で浮いたMax 15万円。

 まあ、とりあえず行きつけのカメラ屋にD850のバッテリグリップ用電池の充電器 MH-26aアダプターキット MH-26aAKが注文4ヶ月になるのに来ないぞ、秒間9コマで撮れ無いぞゴルァと発破をかけに行くついでに(ぉぃ)決めてきてしまう事にする。

 ま~Nikon かな~とも思っていたのだが、やっぱり+100mmの誘惑には、抗し難くまた、短焦点距離側も50mmの差があるのと、どうも評判がいまいちなのも手伝って、この焦点距離域の超望遠高倍率ズームを何種類も作ってきているレンズメーカーの方に振ってみるかと考え始める。
 もう1点、手持で振り回すので、軽さは優先事項。

とにもかくにも、候補はこの4本。
(1)Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR     質量 2,300g
(2)TAMRON SP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2     質量 1,990g
(3)SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary  質量 1,930g
(4)SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sports     質量 2,860g

① とりあえず、ヘビーデューティ仕様には目を瞑って(4)を外す。
② 重量と焦点域の広さとで結局(1)を外す。
③ (2)と(3)と迷ったが前のと同じメーカーで、一度別の望遠ズーム  レンズ(APO 120-300mm F2.8 EX DG HSM)を修理依頼したときの感じが良かったのと、さらに店に現品が有った(これが一番大きかったかも)ので、前のレンズの後継レンズは(3)に決めた。(ちなみに(1)も現品は有った)

 という訳で10万弱でSIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary
をお持ち帰り。

 まぁ、結局そんなに悩まず。
 次の土日に試し撮りができる気力があるといいなぁ。。。

画像はSIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMの断末魔(トリミングあり)

20180114002

2017年12月30日 (土)

【カメラ】ちょっとだけD850に触ってみて

 カメラ屋からのに全品入荷の連絡が来たのが月曜の4日。
 平日は取りに行けないので、ようやくカメラ屋に行けたのが土曜の9日。
 行ってみたら、バッテリグリップに入れる大容量バッテリーと充電器のセットが未入荷なのが発覚。
ちょっとケチが付きつつも、とりあえず待ちに待ったD850のボディと周辺機器を入手。
 
 D800以来、5年半ぶりに買う一眼デジタルカメラです。
 
 お祝いに、帰りにいきなりステーキ889g。
 
 帰宅して、とりあえず、箱あけて、基本的な設定だけして、
 3点ブランケットをかけて初めてシャッターをリリース。
 ワシャシャッ、うわっ・・・速っ・・・D3程じゃ無いにしても秒7コマって速っ。
 これでグリップ用のバッテリチャージャが到着すれば秒9コマ・・・うふふのふ。
 XQDに128G、SDに64Gをあてがったのでフルに撮ると約1400枚200G。
 これ、ハイペースで撮ったらあっという間にHDDパンクするな・・・。
 
 翌10日の日曜日はもろもろ有って出撃できず、翌週は何もできないまま平日が過ぎ、15日金曜日の会社の先輩の定年のお祝い会にぶっつけ本番で出撃。
 カメラは会社には持ち込めないので、(会社行事で使うのに!ぶつぶつ)出勤時に勝田駅のコインロッカーに放り込み退勤時に回収。
 レンズはいつもの24-120F4で、望遠サブに28-300のD800。
 D850はストロボが内蔵されていないので、D3の使い古しの10年物のSB-800を装着。
 10年物でもだいたい使う機能はちゃんとインターフェースが取れるのは凄いよな~。
 これが、早くなったブランケットのスピードにちゃんとついて来るから驚愕。
 フル発光していないとはいえ、3連射の最後のコマでも暗くなっていないのにはびっくり。
 ふへへ、10年前に良い買い物しておいたって事ですなぁ。このストロボはあと5年は戦える(ぉぃ)。
 ちゃんと料理は平らげながら、必要シーンは抑えることができました。
 ただ、撮影モードとブランケットと測光方式と感度の設定ボタンがD800と変わったのはやっぱり戸惑いが。
 感度を片手でぐるぐる出来るようになったところは使いやすいんですが、測光の独立ダイヤルが消えてボタンになっちゃったのには直ぐには対応できませんでした。
 さしあたって不都合が無かったので、まずまずの滑り出し。デビュー戦の撮影は良い感触でした。
 ただ、タッチパネルになったモニタの機能は勉強不足で全く使い(え)ませんでした。
 
 翌16日土曜日は前夜の呑み過ぎと17日日曜日の鉾田マラソン給水支援ボランティアの準備で出撃できず。
 結局17日の鉾田マラソン給水ボランティア終了の後、車を飛ばして東関道・北関東道経由でやっと日没直前に湊線入りして高田の鉄橋近くで1往復撮るのがやっと。
 でも、撮り鉄デビュー戦も、特に速度が上がった分好感触でした。まぁ、撮れた絵は平凡でしたが。
 そのまま、那珂湊のパークアンドライドに車を入れまして、乗り鉄方々、高感度のトライアル。
 ISO25600まで上げてみて、F8でのシャッタースピードにびっくり。家で拡大して見てみるも、さすがにノイズは出ているものの不自然じゃなくて、これならまぁという感じ。
 
 翌日18日月曜日から22日金曜日までは日中は撮る暇なしで、23日土曜は情けないことに家で沈没。
 24日日曜日の鉾田駅保存会の定期車両公開の朝、前日の寝貯めもあって、早朝から起きだし、鉾田へ向かう途中で、約1年ぶりの朝鉄。
 金上~中根の山桜ポイントで、昇って来る朝日を車体側面に反射させて撮影。
 時間の関係で1本しか撮れなかったけれど、連写速度の向上の恩恵に与れて満足。
 
 未だ翌25日月曜からは何も撮れていないけれど、普段使いの機能チェックはほぼ出来た感じ。
 なんとなく、5年半メインを務めたD800同様、こいつともある程度長くやっていけそうな気がしています。
 
 
追:30日現在大容量バッテリーと充電器のセットは未だ未入荷。本格的に秒9コマを味わえずに年を越しそう(涙)。

2017年12月 6日 (水)

【物欲】キター`(˚ᗄ˚Ξ˚ᗄ˚)´

でも来ただけ~お預け~わんっ
月曜日、D850遂に入荷の電話が入る。
やたーっ
でもね、定時退勤しても営業時間中にはカメラ屋にたどり着けないのよ。
家に着いた時点でタイムアップ(泣)
取りに行くのは、早くて土曜日になってしまいます。
うずうずぁぁうずうず…(´・ω・`)

2017年11月30日 (木)

【物欲】やはり、予定通り入手とはいかず【D850】

 9月22日の発注の時には11月下旬とのことでしたが、26日(日)の、鉾田の保存車両の一般公開の帰りに、カメラ屋に寄りましたら、現在のところ12月中旬の予定とのこと。
 こりゃ下手すると年を越すな~。
 懐的には、多少は優しいわけだけれど。
 年末・年始の連休には、がんばって起き出して使いたいのだけれど。
 今のD800も、まさか間に合うだろうと思っていた、金冠日食に間に合わなかったので油断はできないですね。
 霜と雪の季節には…って、果たして起き出すことができるのだろうか?
 今年は、本当に全然撮っていないし…
 

2017年9月23日 (土)

【物欲】やっぱり頼んでしまった・・・

というわけで、D800から5年ぶりにデジカメを買うことにしました。
つか、もう5年になるんですね。びっくりだ。
D7500に浮気でぐらぐら来てたのですが、待ってて良かったというか。
線路際への出撃機会が大幅に減っている中で、機材を更新するのは、どうかなって葛藤もあったのですが。。。

D850

うわぁ、くらくら来ちゃいました。

名前をD820で出して来る物だと思っていましたが思い切って飛ばしましたね。
高感度はもう1段+を期待していたのですが、楽天的過ぎましたか。
高速度の方は余り劇的なアップは期待していなかったのでびっくりです。

それでも、少し考えていたんですが、まぁこれでまた、5年頑張るには良い機材なのかなと思えたので。

さて、とりあえずボディだけでパワーパックは付けないつもりでお店に行ったのですが、
『9コマかぁ9コマ・・・D3と同じかぁ・・・3点バースト(3コマブランケット)で秒間3コマ・・・』
誘惑にまけてしまいました。。。

今頼んで入荷が11月末が良いところということなので、懐も時期的にもちょうど良いかなというところであります。
まぁ、買ったからって良い写真が撮れるというわけでは無いのですが。

気長に待ちましょう、万一のバグ・不具合はこの間に出切ることを祈って。

2015年5月22日 (金)

【カメラ】続々・スマホカメラは鉄道写真の夢を見るか?~とりあえずギラらせてみた~

 さらに陽が長くなり、田植えも終わって水鏡もそろそろ苦しくなり始めた5/22。
 たまたま、退勤後の勝田駅到着がわりと早くて、湊線に間に合うタイミング。
 更に天気も良いのでちょうど一月ぶりの、スマホ鉄を敢行。
 
 券売機で中根までの切符を買って、阿字ヶ浦行きに飛び乗り。
 前回までと同様、こいつが阿字ヶ浦から帰ってくるまでの間に、通常便1往復と区間便1往復の計4本が撮れる勘定。
 とりあえずは、中根で降りて場所決め。陽が未だあるので、今回はギラリ狙い。
 スマホのカメラの解像度を最大にする操作をしていてふと気づく。
最大16Mだぁ~?!
 ・・・・・D3より多いじゃねえか3割増しじゃねえか・・・・・・
 んで撮れた絵はこんな感じ。(少し処理してその後縮小リサイズしています)
 
 各画像下のキャプションのリンクから大きい画像に飛べます(1200×900)。
20150522101_2
20150522102
20150522103
20150522104
20150522501
ま、画素数だけあっても、さすがにこんなもんでしょう。
ギラリ系の絵を狙って撮るなら、タイミングの問題さえクリアできれば、『ま~なんとか、行けんじゃね?』てな感じの、今回のスマホ鉄でした。
 日が沈んでからの残り2本は、空が焼けなかった事もあって、惨敗いたしました。
 やっぱその辺は自由度の差もありますね。スマホでのそっち側の引き出しも作っておけということなのではありますが。

2015年4月28日 (火)

【カメラ】続・スマホカメラは鉄道写真の夢を見るか?

 大分陽が長くなり、水田には水も入り始めた4/23。
 たまたま、退勤後の勝田駅到着がわりと早くて、湊線に間に合うタイミング。
 昨年9月以来の、スマホ鉄を強行することにしました。
 
 券売機で中根までの切符を買って、阿字ヶ浦行きに飛び乗り。
 こいつが阿字ヶ浦から帰ってくるまでの間に、通常便1往復と区間便1往復の計4本が撮れる勘定。
 とりあえずは、中根で降りて場所決めと言っても余り探す余地がありませんで、勝田側の三角田んぼの辺りで。
 撮れた絵はこんな感じ。
 Facebookのタイムラインの再掲になっちゃいますが。
20150422000
20150422001
20150422002
20150422003
 ん、まぁ、鉄道写真ぽくはなってるか。でもやっぱちゃんとした、カメラで撮りたいものでござるよ。

2015年3月 3日 (火)

【カメラ】サンニッパを買ってしまった件

 てか、土曜のお昼まで、こんなことになるとは思いもしなかったわけですが。

 ひょんな事から、ニコンからキャノンに乗り換えたお知り合いから、30年前のNikon最初のAF300mmF2.8の単焦点レンズ、Ai AF Nikkor 300mm F2.8S IF-EDの放出の話が。

 とりあえずキタムラで下取り価格を聞いてきてかなりがっくりされている様子。
 おいらは、おいらでF3用にも使えるレンズなので、値段しだいではと手をあげたところ、5桁で個人売買が成立してしまいました。

 どうもありがとうございます。手にしたのが土曜日の昼、直ぐにテストに入りました。

 30年前のNikon最初のAFのサンニッパですけれど。
 ピントの芯が多少外れててもD800でこれなら、おいらには十分てか、猫に小判ですねぇ。
 順光+三脚+置きピンの条件なら現役でいけそうです。ヒコーキは無理かな。
 1枚目全景、2枚目ピクセル等倍。絞り開放。

20150228101_2
 大きい画像はこのリンクから飛んでください。

20150228102

ピクセル等倍の画像に縮小がかかっています。
本来のピクセル等倍画像はリンク先にあります。


2014年9月20日 (土)

【カメラ】スマホカメラは鉄道写真の夢を見るか

 う~ん、1067mm(さぶろぐ)でやるか、762mm(にぶろぐ)でやるか、微妙なネタなんだけれども、ま、写真成分が多いのでこちらで。
 
 
 この前の定時退勤日、一眼デジカメも無いのに撮り鉄衝動を抑えられなくて、退勤ダッシュ。ひたちなか海浜鉄道湊線の1742勝田発の阿字ヶ浦行きに飛び乗る。
 中根で下車すると、最終バスに間に合う列車までに、通常便1往復と区間便1往復の4本の撮影ができる。
 
 
 もう少し日の入りが遅い時期にやっていれば、いろいろ出来そうだったんだけど、カメラ無いし精神的余裕も無いしだったので、今回が初チャレンジ。
 
 
 
 中根駅は彼岸花が咲き始め、日曜の時点でとあるポジションに蕾を発見。この日なら咲いているだろうと。 
 
 
 
 そうは言っても今回は、あくまでスマホとのお付き合いの仕方のケーススタディだけど。
 4本の列車、VGA・400万画素・1600万画素・動画とカメラの撮影条件を変えてみることにした。
 撮影順は上(VGA)⇒下(16M)⇒中(4M)周囲はどんどん暗くなっている。
 
 
 画像自体は全てVGAに加工。原寸で表示したいのだが、この馬鹿ブログ、デフォルトだと360×270に加工するし、HTMLを弄るとはみ出した分、切りやがるんだよな。
 
 

2014091600VGA(640×480)を加工 『列車は静止状態』

2014091601_24M(2304×1728)を縮小・加工 『列車は走行状態(停止寸前)』
 
2014091602_216M(4608×3456)を縮小・加工 『列車は走行状態(停止寸前)』
 
 
 結果として、ブログやSNSの投稿レベルなら、それなりにトリミング耐性があるなぁというのが4M・16Mの高画素モードに対する感想。
 
 レスポンスは難があり、今回の様に特定の場所に列車を持って来たいとかいうのには高画素モードになるほど全く使い物にならず。
 
 ま~色もいじった画像もあるけれど、スマホでぶっつけでこの明るさでもこのぐらいは撮れるという事だな。
 
 元の画像は高感度は画像荒れ荒れなんだけれど、縮小のかけ方で大分救われる感じ。ディティールの消失とはバーターだけど。
 
 
 こんなことなら、スマホはメーカーと値段じゃ無くて、カメラの性能第一で選ぶんだったなぁ・・・。
 ま~機能も勉強して、カメラソフトも色々試して、使い倒して覚えるしかないねぇ。
 
 焦点距離が事実上ワイド端固定で使うしかないのが泣きどころなかだよなぁ・・・。
 ?壊れてるんだろうか?
 
 
 
 ・・・しかし、踏切の制御箱が邪魔だなこの場所は。

2014年9月13日 (土)

【カメラ】スマホのカメラとの付き合い方に悩む

 7月から公共交通機関での通勤をはじめたわけだけれど、重大な制約がひとつ。
 『カメラを持ち歩けない』
 いや、ま、正確に言えば『私物のカメラを会社に持ち込めない』。
 携帯電話の付属機能のカメラに関してはさすがに規制のし様が無いのでま、『構内撮影禁止』だけなのだが。
 ま、究極の解決策としては『カメラを毎朝、勝田駅のコインロッカーに放り込む』なんだが、いくらなんでもこれはやってらんない。
 というわけで、勢い、会社の行き帰りも以前のブログの様に一眼で撮るわけにはいかず、何としてもスマホで撮らねばならない。
 ところが、スマホのカメラ、おいらの機種のカメラの性能がダメなのかも知れないけれど、シャッタースピードも絞りも感度も何も表示されない全自動なので、どういうアルゴリズムで動いているのかさっぱり判らない。
 有料アプリをダウンロードすれば、何か良さげなのが有るかも知れないが、機能を確認してからでないとどうも気が進まないし。
 あとは、何故だか知らないけれどズーム機能がダメで、低画素で撮っているにも関わらず、テレ端での画像劣化が酷すぎて、事実上ワイド端固定の単焦点機としてしか使えない。
 接写では、内臓の補助光が明るすぎてかつ調光できないので使い物にならない。
 そして何より、即応性が・・・。
 シャッターのラグもそうなんだが、シャッターボタンのタッチの確実性にも問題が。撮ったつもりで画面のボタンにタッチしたのに拾わないとか。
 ピントも指定しても合わせたい所に合わないし。
 あと、撮ろうと思っても、端末ロックの暗証番号入力から始めて、アプリの居る画面まで行って、アプリの起動まで、これじゃ絶対出会い頭の相手の撮影は無理だとか。
 流し撮りに至っては、シャッタースピードさえ操作できないので、もう、目を瞑って撮っているようなもの。撮っている時点では流れるのか止まるのかさえ判らない。
Aquos11
Aquos12水戸駅北口でのガルパン2号車

 画素数の設定も、無駄に画素数が有るので、SNSへのアップだけ考えたらVGAで十分なのだけれど、カメラとして捉えれば最高画素数で撮りたいわけで、これも悩ましい。
 さらに、上記の制約は多いのだけれど、ツボると、『おいらは1眼レフまで使って一体何を撮っているんだろうか・・・』と、どん底に突き落としてくれる、悪魔のような画像。
Aquos01 Aquos02
 スマホを買ってから未だ余り経たないので、写真機能の充実した機種への乗り換えは当面無理なのだが、まぁ、オマケのカメラとは馬鹿に出来ないほど写る時もあるし、しばらく持ち歩きカメラとして付き合っていかねばならないのだけれど、どうも相性がいまひとつみたいなんだよなぁ。
 そう言いながら、最近は何でもスマホで撮ってしまって、一眼を抱えている時ですら、スマホを持ち出す体たらくなんだけれど・・・。
 まぁ。それでも。『常時持ち』のカメラとしては、当面。このスマホを使わざるを得ないんだよな。D800からえらい落差だ。。。
 なんとか慣れないとなぁ。。。
 高級コンデジ並みのインターフェースで、一発起動でシャッタースピード優先とか、絞り優先とか、感度変更とかできるスマホのカメラは無い物だろうか。
 画質と画素数はそれなりで良いから、即応性と自由度が欲しいんだよなぁ・・・